2010年10月22日

少子化における教育関連市場

少子化に伴い教育関連市場において顧客の絶対数が縮小すること避けられない。
だが市場規模として小さくなるかというとそうとは限らないと思う。

例えば、子供の人数が半分になっても子供1人の学習塾や習い事にかける費用が
2倍になれば市場規模として変化は無い。

現に子供の数は少ないがお金をかけて英才教育を行う風潮は近年明らかだ。
しかも、学習塾はもちろんのこと趣味や学問以外の才能を伸ばすような
習い事を掛け持ちすることをよく耳にする。

確かに子供の数の減少で教育関連市場は厳しい状況ではあるが、
サービス対象を子供から大人・高齢者へ、他のサービスとの差別化など
取り組むべきことはたくさんあり、やり方によっては成長を見込める市場だとも思う。

2000円の家庭教師では教育関連事業主(学習塾・個別指導)などの企業様に
先生・教師を紹介するサービス
を開始している。
http://www.katekyo2000.com/jyuku.html
posted by 家庭教師2000紹介さん at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年07月10日

家庭教師会社選びの注意 【交通費編】

家庭教師会社を選ぶときはとても悩まれると思います。
まず派遣か個人契約かを決める必要がありますが派遣と決めた方へ少しアドバイス。

費用として馬鹿にならないのが交通費です。
よく交通費無料という書いている家庭教師業者のページがありますがあまりこの言葉に惑わされないほうがいいと思います。

なぜなら近所・通学定期圏内以外であれば必ず交通費はかかります。
それが無料ということはどこかにしわ寄せが行かざるを得ません。
たとえば交通費という名目ではなくても月謝に含まれる・先生の時給から支払う・業者のマージンから支払う。
たいていの場合三番目に業者が支払うことは少なく交通費は結局名前を変えて必要経費になります。

初めから気に入った先生が遠方の場合は交通費の支給は覚悟いただく必要があると思います。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 15:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2008年04月14日

上手に家庭教師を選ぶ

今回は上手に家庭教師の先生を選ぶ・付き合っていく方法を書きたいと思います。

家庭教師で一番大切なものは「先生の技量・教え方」ももちろん大切ですがそれ以上に先生との信頼関係が大切だと思っています。
先生も人間です。
好きな人のためには人は努力します。
家庭教師の先生に好かれるようなご家庭の体制を整えていただくのが一番大切だと思っています。

具体的には
コミュニケーションをよくとり、感謝の言葉を忘れない。
成績が上がったなどの効果があれば先生の時給アップやお礼等を行うことを検討する。

特殊な授業対策などでない限り、先生の事前の勉強でいい授業をすることは可能です。
授業の中身より宿題の管理などの管理能力が家庭教師には問われていると思います。
その点も考慮し先生に宿題の量を相談するなどしていただくことが大切です。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年12月11日

受験志望校の決定

高校受験の受験志望校が決定した頃だと思います。
後は受験本番を目指してばんばるっきゃない!

受験勉強のアドバイスですが

□過去問は最低5年間はさかのぼって解く
学校によって問題の傾向が必ずあります。
また解答の傾向もあったりします。

□難関校の問題は解く順番を考える。
試験問題は100点はなかなkとれないようにできている。
ということで試験問題の中にめちゃマニアックな知識がないと解けない問題や計算がとてもややこしく時間を要するものが混じっている。
こういった問題を見極めできれば最期に解きたいものだ。
ここで時間を取られて解ける問題も時間切れで解けなくなったんでは元も子もない。
こういった難問はみなが解けないのだから正直解けなくても合格点には達するのだから。

□普段から本番さながら時間を計って解く。
入試問題はひとつの作品です。
今日は大問1・明日は大問2などばらばらに解いたのでは試験問題を解いたということにはなりません。あくまで50分時間を計って解くように心がけてください。

□そろそろ体調にも気をつけて
今一番延びる時期です。
風邪を引いちゃうと周りの競争相手から遅れをとっちゃうよ。
また本番に風邪を引かないように今から体調の整え方を工夫しよう。
まずは手洗いうがいから!
posted by 家庭教師2000紹介さん at 16:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月19日

受験開始

受験シーズンが早くも開始ですね。
一般はまだですが、推薦などは早くも始まっているところがありますね。

先週末は私のお知り合いの方が看護学校社会人入試にチャレンジされました。どうかお力を発揮される事をお祈りします!

自分自身のことを考え直すと受験はほんとにつらいものでした。
特に私は浪人を経験していますので・・・。
何年も医学部受験や司法試験受験などをトライされる方は本当に忍耐力があるのだと尊敬します。

中高一貫教育についてやはり高校受験の良し悪しが問題となるのでしょう。
私は基本的に賛成です。
確かに受験をすることで学力の向上します。(もし高校受験がなければ私は部活オンリーでまったく勉強をしなかったでしょうが)
ですが例えば学校生活において受験以外に中学と高校を分けるメリットはなんでしょう?
偏差値の同程度の生徒を集め進学クラスやそうでないクラスの教育水準を区別することは単一の学校の中でも可能でしょう。
義務教育は中学までですが今の世の中では高校までに引き上げるべきではないでしょうか?
クラブ活動においては長期選手育成が可能となり、さらに私立への有能選手の流出が制限され公立高校でも強豪チーム・選手ができるのではないでしょうか?
とまぁ私の現在の単純な発想です。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 00:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年11月06日

2008年度受験に関して

受験生にとってはそろそろ受験校の選定の時期が迫ってきましたね。
まずは私立専願か併願(公立を目標とする)かを決めなければなりません。

□気に入っている私立がある。
□スポーツが強い学校に行きたい。
□内申書がとてつもなく悪く、理科など苦手な副教科がある。

基本的には公立を軸に考えるのが主流ですが、上記に該当する人などは私立を検討されてもいいのではないだろうかと思います。
公立の偏差値によって目標学校を選定していただくのですが意外と公立も学校によって特色があるので狙う偏差値レベルの学校の情報を集めてください。
例えば
過去に女子商業高校だったので以前女性の比率が多く偏差値も男子に比べ女子の方が高いなどといったこともあります。
また大阪では去年より実施された学区変更で受験者の倍率が大幅に変化しております。
参考にできるデータが去年分しかなくおそらく今年も大幅な変動が予想されます。
しかし倍率はあまり気にせずまずは子供の行きたいと思える学校を早目から決定することが大切です。

また関西の受験情報を随時更新していきたいと思っています。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年10月01日

高校受験入試制度

17年度から推薦入学は廃止されました。
前期・後期制が導入され大学受験とまでは行かないものの2回の受験チャンスを受けれることが容易となりました。

前期入試とは?
推薦入試の緩和版です。推薦入試では中学校長の推薦書が必要でしたが前期入試になったことでそれが不要となりました。しかし推薦入試と同じく高倍率が予想されていますので難関であることは間違いないです。ただ後期入試の為の予行演習と思って受験されるのもいいのではないでしょうか?

後期入試とは?
今までの一般入試と考えていただければ結構です。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 10:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月24日

学校裏サイトについて

近年、いじめ問題が取り沙汰されるときに学校裏サイトの存在をよく聞きます。

学校裏サイトとは?
小中高校の公式なWEBサイトではなく第三者が作った、訪問者が自分の思いを好きなように書き込みできる掲示板。つまり誹謗中傷内容が書き込まれても管理人は積極的に削除しない。

インターネットの世界では2ちゃんねるを代表とする掲示板サイトがかねてより問題となっておりました、しかしそれはあくまでも大人の世界での話でした。
(インターネットに通じている子供も利用していただろうが)学校裏サイトが問題となっている背景に携帯の普及が考えられます。
携帯でWEBサイトを観覧するパケット料金が定額制(どれだけ使っても料金が同じ)となったことが若年層のWEB利用の増加を促したと思っています。

いづれにしても今まで大人がインターネットの世界でやってきたことが若年化しこの問題へとつながっていることは間違いありません。
「子供は大人の真似をする」
大人のモラルが問われているのでしょう。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月19日

障害児童教育について

2000円の家庭教師では障害手帳をを有する生徒さんへの家庭教師紹介手数料を半額とさせていただいております。
http://www.katekyo2000.com/sinsyou.html

紹介業務を行う中で障害を抱えておられる方の保護者様から学習相談を受けることがありました。
私は障害を抱えている親友がおり障害制度については若干彼から聞いて知っているつもりでありましたがいざ調べてみるとなかなか難しく複雑です。
不勉強では有りますが弊社も障害者支援をしたいということで一年前程より紹介手数料免額制度を導入しました。
当初は無料ということにしておりましたがどうしても無理が生じ現在のところ半額に治まっています。

ただし、障害者指導専門知識を有しておられる先生の登録が少なく紹介に至らないケースが多々あり、今後とも先生集めを含めもっと充実した制度にしていく必要を感じております。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 13:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

個人契約の先生登録にまぎれる教科書販売業者

個人契約の先生登録の中に教師になりすまし、紹介を受け紹介された後に家庭に高額の教材類を販売するといった手口があるので注意!

と、とあるサイト書いてあるのを見たことがありました。

今までの2000円の家庭教師ではそのような事例は報告されていません。また同業者の方からもそういったことは聞いたことはないのですが、教科書販売悪徳業者の手法からすれば十分ありえることだと思います。

2000円の家庭教師としても注意なければならないと思っています。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月18日

悪質業者の存在

お申込みいただいた方のお話や
学習相談を行っていると悪質業者の存在をよく聞きます。

具体的な社名を上げることはいたしませんが
名前の知れた大手でもいい加減な対応をしているところが
あることがあります。
主に家庭教師派遣業についてですが
弊社のような個人契約紹介の場合は紹介時のみに
料金が発生いたしますのであまり悪質な行為をする
業者は聞いたことがありません。

しかしたとえ紹介・派遣と形態がちがっても
悪質行為は家庭教師業界全体の恥だと思っています。
一部の業者がこういった愚行を行うことによって
業界全体がマイナスイメージを受けることをとても残念に思います。

こんなサイトもあります。
弊社も相互リンクしていただいております。
家庭教師業者比較 http://katekyo-info.sblo.jp/
posted by 家庭教師2000紹介さん at 18:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月14日

先生登録データについて

2000円の家庭教師もお蔭様で運営2年6ヶ月がたちます。
全国からの先生登録も1万件以上という最大級の家庭教師紹介サイトに成長することができました。
yahooでは「家庭教師 個人契約」で今のところ一位を獲得しております。

先日システムの整理をしていたら突然、先生登録の情報が飛んでしまった!
数週間前に回線のトラブルを起こしたところで復旧し一安心していたところの出来事です。
データの復旧をあの手この手で対処してみたところ何とかデータが再現できたので一安心しましたが未だ不安定・・・。
もちろんバックアップはとっているので万が一にもデータを失うことはないのですがこれからは二重にバックアップしようと決心したところです。

一万件を超える(弊社運営の他サイトを合わせて)先生登録データを管理運営することはとても責任があることだと思っています。
この業務は先生の登録情報が命です。
なくなってしまば一夜にして2000円の家庭教師は廃業です。

ということで今は情報が無事であってホットしています。
さてさてお仕事です。
posted by 家庭教師2000紹介さん at 12:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2007年09月13日

初めてのブログ

はじめまして
初めてのブログを書いています。

家庭教師の紹介をしています、
その色んな体験談を書いていきたいと思います。

posted by 家庭教師2000紹介さん at 12:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記