2010年10月22日

少子化における教育関連市場

少子化に伴い教育関連市場において顧客の絶対数が縮小すること避けられない。
だが市場規模として小さくなるかというとそうとは限らないと思う。

例えば、子供の人数が半分になっても子供1人の学習塾や習い事にかける費用が
2倍になれば市場規模として変化は無い。

現に子供の数は少ないがお金をかけて英才教育を行う風潮は近年明らかだ。
しかも、学習塾はもちろんのこと趣味や学問以外の才能を伸ばすような
習い事を掛け持ちすることをよく耳にする。

確かに子供の数の減少で教育関連市場は厳しい状況ではあるが、
サービス対象を子供から大人・高齢者へ、他のサービスとの差別化など
取り組むべきことはたくさんあり、やり方によっては成長を見込める市場だとも思う。

2000円の家庭教師では教育関連事業主(学習塾・個別指導)などの企業様に
先生・教師を紹介するサービス
を開始している。
http://www.katekyo2000.com/jyuku.html
posted by 家庭教師2000紹介さん at 09:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41440543
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック